診療案内

耳(みみ)の主な疾患

耳の症状

耳の病気としては、主に次のような疾患があります。

中耳炎

耳鳴り

めまい

中耳炎

急性中耳炎

主な症状
耳が痛い、発熱、難聴、耳がふさがった感じ、耳だれが主な症状です。
症状が言えないお子さんは耳を触ったり、機嫌が悪くなったりします。
原因
急性中耳炎の多くは上気道炎によって起こります。鼓膜の奥は中耳腔といいますが鼻の奥で耳管という管でつながっています。その耳管を介してウイルスや細菌が入って炎症をおこします。
治療
まずはお薬を飲む治療になります。軽症の場合は抗菌薬を飲まなくても治ることも多いですが、中等度以上になれば抗菌薬が必要です。薬で治りにくいときや重症の場合鼓膜切開して膿を出すこともあります。また中耳炎の原因は上気道炎ですのでお鼻の治療も並行して行います。

滲出性中耳炎

主な症状
難聴、耳がふさがった感じが主な症状ですが、呼びかけても振り返らない、テレビのボリュームが大きい、言葉の発達が遅いなどで気づかれることもあります。
原因
滲出性中耳炎は中耳腔に浸出液が貯留した状態です。発症および遷延化に関与するものとして感染、耳管機能の未熟さがあります。
治療
自然に治癒するかたも見られますが、急性期で上気道炎を伴い副鼻腔炎を合併しているようなときは耳管周囲の炎症や副鼻腔炎の炎症を抑えるため抗菌剤を短期間内服していただき、並行して鼻の処置も行っていきます。
急性期がすぎた後は難聴の程度、滲出液の程度によって治療法は異なります。難聴もなく滲出液の貯留も軽度なら経過観察をすることもありますが、積極的な治療として保存的な治療(お薬を内服し耳管通気療法を行います)と、外科な治療(鼓膜に麻酔をして切開をして滲出液を排出させたり、それでも繰り返すようなら鼓膜にチューブを挿入したりします)があります。それぞれの現状を十分説明し治療を行っていきます。

慢性中耳炎

慢性中耳炎は急性中耳炎に続発して慢性化したもの(慢性穿孔性中耳炎)と徐々に中耳腔の骨をとかしていく真珠腫性中耳炎の2種類に分けられます。

治療
耳漏が多いときはまず耳洗浄、局所処置、内服、点耳による治療を行います。一旦耳漏が止まっても耳漏を繰り返したり伝音性難聴(外耳や中耳など音を伝える部分が障害されて起こる難聴)が強いときは手術的な治療法もあります。手術適応があり手術を希望されるかたには手術ができる病院や専門施設をご紹介いたします。ただそれぞれの患者さんの社会的背景(年齢、お考え、生活など)も考慮し治療方法はご相談させていただきます。
慢性中耳炎の中でも真珠腫性中耳炎は徐々に進行しますので多くの場合は手術的な治療になることが多いですが、中には症状もなく進行しないこともあり定期的に経過を診ていくこともあります。治療方法はそれそれの患者さんに応じて相談させていただきます。

△ページトップに戻る

耳鳴り

耳鳴りは急性の耳鳴りか慢性の耳鳴りかによって治療は変わっています。急性の耳鳴りの中には聴力の悪化に伴っておこるものがあり突発性難聴、急性中耳炎、慢性中耳炎の急性増悪、メニエル病などが挙げられます。そのほかに耳管機能障害など原因がはっきりしたときはそれに対しての治療を行うことで改善することもあります。

また慢性の耳鳴りはまだ原因がはっきりせず、耳鳴を受容し慣らしていく治療が行われているのが現状です。薬物治療(西洋薬、漢方薬)が中心になります。そのほかTRT療法(耳鳴り順応療法)を希望されたり、適切と判断したときは行える施設をご紹介します。

まれではありますが、脳の疾患で症状がでていることもありますので症状、経過によってさらなる検査を行うこともあります。

確かに耳鳴りは難治性ですが、少しでも症状が軽減できるようお役立てできればと考えていますので気軽にご相談ください。

△ページトップに戻る

めまい

私たちは体のバランスを眼、耳、筋肉などから入る情報を脳で統合して保っていますが、これらに異常が生じるとめまいが起こります。

原因として不整脈、糖尿病、血圧、自律神経障害などの全身の病気で起こる場合、脳血管障害、脳腫瘍などの脳の病気でおこる場合や耳の病気で起こる場合があります。

原因を調べるためにまずは詳しく症状や経過を聞かせていただきます。めまいを来たす疾患は多種多様である上、年齢によっても原因となる疾患頻度に違いがあるため、検査、治療を行うにあたって問診は大変重要になってきます。

検査としては血圧に変動がないか測定し、体のふらつき具合をみるため両足や片足でたってもらって眼を開けたとき、閉じたときでの違いを観察します。めまいが実際起こっているときは眼振といって眼に独特の動きが出ますので特殊なメガネで眼振を観察します。その他耳が原因のめまいでは聴力が悪化していることがあるため、聴力検査もおこないます。

CT、MRIなどの画像検査も必要に応じて行います。その場合は画像検査ができる施設をご紹介しますので撮影をしてきていただき、その後当院でご説明いたします。

治療としては原因にあった治療法が選択されます。安静、点滴、内服治療がまずありますが、疾患によっては運動療法が効果的であったり、生活改善も必要になることもあります。

実際は検査をしてもめまいの原因がはっきりしないこともあります。しかし経過をみている間に診断がつくことがあります。できる限り診断にあった治療を心がけていきます。

△ページトップに戻る